妊婦食事

妊婦食事

うちは、まだ子どもはいないんですが、「妊婦さんは妊娠前から食事内容に気をつけた方がいい」と聞いて、結婚前から理想的な食事について調べていました。その結果、妊婦さんが食事で気を付けるべき点は、ほんの少ししかないということに気づきました。

妊婦 食事 初期

初期の妊婦さんの食事で、もっとも重要なのは葉酸だそうです。葉酸は、胎児の神経系の成長に必要な栄養分なので、脳や脊髄などが成長する妊娠4週目~12週目までは、十分に摂取しておく必要があるようです。不足すると二分脊椎症などの先天性疾患になるリスクが上がるそうです。逆にきちんと摂れていれば、赤ちゃんの先天性疾患になる確率を70%程度下げることができる、という研究もあるそうです。

妊娠中のママのための
☆ベルタ葉酸サプリ☆

妊婦 食事 後期

後期になると、妊婦さんのお腹も大きくなって圧迫されるので、便秘になりやすくなるそうです。そのため、後期の妊婦さんが食事で気をつける点は、水分と食物繊維をしっかり摂ることのようです。食物繊維も、野菜などに含まれるものよりも海藻類に含まれる水溶性食物繊維の方がより腸内環境を整えやすいんだそうです。

また、出産時に出血量が多くなる恐れもあるため、貧血予防目的に鉄分はしっかり摂る必要がありそうです。レバーや肉、卵などに鉄は多く含まれます。

妊婦 食事 NG

妊婦さんが、食事で気をつけるのは、生もの(生レバー、生肉、生卵、生の魚介類、チーズ)、マグロ・クジラなど、ひじき、昆布、うなぎ、アルコール、カフェインです。アルコールとカフェインはNGですが、他のものは絶対にダメ、というわけではないようです。生ものは感染症のリスクがあるため、基本的には加熱して食べた方が安全だと思います。マグロ・クジラなどには水銀が、ひじきにはヒ素が微量ながら含まれていることがあり、摂り過ぎないように注意する必要があるそうです。また、昆布にはヨウ素が、うなぎ(レバーも)にはビタミンAが豊富に含まれているため、栄養素の過剰摂取が問題になる恐れがあります。アルコールとカフェイン以外は、本当に栄養豊富な食材ばかりなので、気をつけながら上手に利用したいですね。


ページトップへ